釣り竿
釣り竿をしている人物のシルエット

釣り業界の今後

釣りブーム全盛期には3000億から4500億といわれていた釣り用品の市場が今では1200億と、今後の市場に雲行きを感じられている方もみえるかもしれませんが、実際はどうでしょうか。

船

釣りにハマる魅力

釣りは1人でも家族でも楽しめて趣味として楽しんでいる人が多いです。ここでは、そんな釣りの魅力やこれから始めてみたいと思っている人に向けて、コツやポイントを書いていきたいと思います。

釣り竿を持っている手元

始めての釣り

これから始めてみようと考えている方に釣りの楽しさを探してみましょう。一言に釣りといっても海、川、湖や沼、池など場所はさまざま、季節によって釣れる魚も多種多様です。

女性にも人気が出ています

船のシルエット

ジギングとはメタルジグを海底まで沈めてから、ロッドでジャークアクションを行い、巻き上げながら真鯛を誘う釣法です。 但し、従来の釣り糸でもあるラインではロッドアクションを吸収してしまうので、ルアーを思うように動かせないなどのデメリットがありました。 そこで開発が行われたのがジギングに最適となるPEラインです。 明石ジギング鯛ラバはジギング船を使って真鯛を狙う際の釣法やタックルで、元々は漁師さんが使っていた漁具を改造した鯛ラバで真鯛を狙います。 尚、鯛ラバには鯛カブラなどとも呼ぶルアーで、魚を誘うためのヒラヒラが付いています。 このヒラヒラはネクタイと呼ぶ人も多いもので、水中でネクタイが動く様子が魚の動きのようであり、明石ジギング鯛ラバは初心者から楽しめるお勧めの釣りです。

明石ジギング鯛ラバは乗り合い船の種類の一つで、真鯛を狙う乗り合い船、そして真鯛を釣る時の方法が鯛ラバを使うなどの特徴を持ちます。 エビで鯛を釣るなどのことわざがありますが、明石ジギング鯛ラバはルアーを使って鯛を誘う釣り方なので釣り餌を針に付ける必要はなく、撒き餌を使って魚を集める、鯛ラバを利用して魚を誘う釣り方です。 ちなみに、乗り合い船にはそれぞれ釣り物が決まっているので、何を釣りたいのか、どのような釣り方をしたいのかにより選ぶ船が変わります。 明石ジギング鯛ラバの場合、ロッドアクションを行いながらの釣りになるので、専用の船での釣りを楽しめるわけです。 尚、最近の明石ジギング鯛ラバを楽しめる乗り合い船は女性の釣りファンも多くなっています。

釣りをしている人物

popular contents

「カップル・ファミリーにオススメ!初心者でもできる鯛ラバ!」のコンテンツ一覧です。